分からなければ「電鉄倶楽部」を見よ!あなたの知りたい事がここにあります。

もうどうにも止まらない。すべてのジャンルをすばらしい写真で飾る!

事実とはなにかをストイックに掘り下げる。

重装備を背に 俯瞰を極めるモノトーンの職人

アーティスティックな視線で捉えた世界が展開する!

知られざる情景を撮り続ける人達の記録

« 『中国けむり紀行』① | トップページ | 『中国けむり紀行』③ »

2010年11月 5日 (金)

『中国けむり紀行』②

「いやあ巻かれて巻かれて涙が出っ放しだよ」

と始発駅のけむりを堪能する。

ここは中国四川省の狭軌軌道である「芭石鉄路」の

始発駅の朝の風景だ。

まだ夜も明けない時間から、

C2と呼ばれる762mmの蒸気機関車が、

テンダーを前にして静かに出発を待っていた。

2010115_1

「シュンシュン」と吐き出される蒸気の音と、

焦げた石炭の臭いが充満する朝の駅の光景は、

なぜか静寂な空間に思えた。

2010115_2

もうもうと立ち込める蒸気の中で、

機関車は静かに出発の時を待っていたのであった。

« 『中国けむり紀行』① | トップページ | 『中国けむり紀行』③ »

コメント

この鉄道はどこにあるのでしょうか

ここは中国四川省の成都から車で楽山へ行き、そこから更に車で2時間行った所にあります。
よろしかったら次回ご一緒しましょう。
ご連絡をお待ちしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200049/49938560

この記事へのトラックバック一覧です: 『中国けむり紀行』②:

« 『中国けむり紀行』① | トップページ | 『中国けむり紀行』③ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ