分からなければ「電鉄倶楽部」を見よ!あなたの知りたい事がここにあります。

もうどうにも止まらない。すべてのジャンルをすばらしい写真で飾る!

事実とはなにかをストイックに掘り下げる。

重装備を背に 俯瞰を極めるモノトーンの職人

アーティスティックな視線で捉えた世界が展開する!

知られざる情景を撮り続ける人達の記録

« 『中国けむり紀行』② | トップページ | 『中国けむり紀行』④ »

2010年11月20日 (土)

『中国けむり紀行』③

始発駅の石渓駅を出た列車は暗闇の中を進む。

なぜか途中の駅で機関車が切り離されて、

側線を行ったり来たりした。

ライトの閃光だけが闇の中を走って行く。

20101120_1

日が昇ってきた。

夏の四川省山間部特有の猛烈な湿度の影響だろうか、

モヤがかかって淀んだ空気の中を機関車が進む。

まだ朝の6時台なのに熱風が窓から入ってくる。

20101120_2

1時間弱で降車駅の芭構の駅に着いた。

20101120_3

« 『中国けむり紀行』② | トップページ | 『中国けむり紀行』④ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200049/50082416

この記事へのトラックバック一覧です: 『中国けむり紀行』③:

« 『中国けむり紀行』② | トップページ | 『中国けむり紀行』④ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ