分からなければ「電鉄倶楽部」を見よ!あなたの知りたい事がここにあります。

もうどうにも止まらない。すべてのジャンルをすばらしい写真で飾る!

事実とはなにかをストイックに掘り下げる。

重装備を背に 俯瞰を極めるモノトーンの職人

アーティスティックな視線で捉えた世界が展開する!

知られざる情景を撮り続ける人達の記録

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月29日 (火)

ジパング倶楽部高崎

先週金曜日、横を通ったらさら地になっていた。古い客車のようだったが、なくなってしまうと「あれは何だったのだろうか」と思う。後悔先に立たず。

ありし日の姿。

2007529

2007年5月26日 (土)

都電に関係ない話

府中市立交通遊園には様々な人たちが訪れる。

園内にはボランティアの手で整備された都電も置かれていた。

1_2007526

訪れる人たちの反応も様々である。

子供連れのお母さん。「子供が楽しく遊べる公園ね」

健全な鉄道ファン。  「ほう、きれいに整備されているなあ、都電は」

鉄道マニア。      「ED101に錆びが出ていないだろうか」

軌道バカ。       「KATOは転がってないか!」

2_2005526

園内には昔の消防自動車も展示してあり、たしかに小さな子供には大人気だ。

3_2005526

国鉄最小の電気機関車も保存してあり、マニアの注目度も高い。

4_2007526

だが、ここらは国鉄下河原貨物駅があった場所であり、それに接続して砂利採取軌道も出ていた所で、そこで使われていたKATOの廃車残骸が1970年代まで転がっていた事を知る人は少ない。

2007年5月24日 (木)

麦畑の軌道

1_2007524

こんなものでも軌道と認めてしまう自分が愛おしい。

レールの形ではなく、三角形の金属がレール代わりだ。でも手押し軌道の雰囲気はたっぷり出ているではないか。

レールを使った門扉(ちゃんと762mmの幅)があるそうだが、それよりはこっちのほうが軌道らしい。

いやちょっと待った。そもそもその門扉は軌道と言えるのだろうか。

そのあたりの境界線が、最近分からなくなってしまった。(笑)

2_2007524

2007年5月21日 (月)

駿河小山の2フィート跡

BVDと言うと最近はかっこいいアンダーウエアーでCMにも登場しているが、その「フジボウアパレル」ではない、はるか昔の「富士紡績」時代の事に触れてみたい。

1_2007521_2

上の写真は駿河小山駅の富士紡績の工場だが、よく見ると線路らしきものが見える。実は当時ここに2フィートの専用線があり、KATOが荷物を積んで駿河小山駅と工場との間をちょろちょろ行き来していたのだ。

廃止が昭和42年頃とずいぶん昔の話なので、現役を見れた世代ではないけれど、今も所々に線路跡が見てとれるのがうれしい。

3_2007521

工場自体は今は稼動しているのか分からないが、なにかこれだけ線路が残っていると、敷地内にKATOも残っているのではないかと想像してしまうが、いかがだろうか。

2_2007521

当時、御殿場線のD-52を追いかけていた人たちの中に、ここのKATOの消息を知っていた方もいただろうが、振り返るには長い時間が経ちすぎてしまった。

2007年5月16日 (水)

伏見の軌道跡

一応カメラをかばんに忍ばせながら、今日も仕事に出かけたが、時間に追われて取り出さぬまま一日が終わってしまった。結構重いんだよね、一日中持って歩くのは。筋力強化には多少貢献があったかもしれないが。

で、なにもネタがないので、前回の続きで2年前の5月16日は何を撮っていたのだろうか捜してみた。2年連続で同じ日に果たして写真を撮っていたのだろうか。

2007517

ありましたね。2005年5月16日の日付の画像です。

どうやら京都伏見の軌道跡ですね。

このあたりは江戸時代から淀川の船着場だったところで、薩摩藩士の内部抗争や坂本竜馬の定宿で有名な「寺田屋」にも近いところだ。

その淀川から分岐する水路を使って、近年まで木材等を運ぶ事が行われていて、そこから陸へ揚げた木材を運搬していた軌道だそうだ。

こんな物ばかりを2年連続で同じ日撮っているなんて、自分の事だが少々あきれてしまった。

茂原の人車

10年手帳というのがある。要は1ページの中に同じ日が10年分記入できるので、人目で同一日の10年間の行動が分かるという仕組みである。

「去年の今日は・・・やっていたのかあ」とか「8年前の今日はかぜで寝ていたなあ」なんて調子で、きちんと10年記入すれば結構楽しめるのではと思う。

物心つく頃から日記を書くのが3日以上続いたことのない自分にとって、10年手帳を楽しむなど夢のまた夢なのだが、「ちょっとまてよ、写真なら何年も撮っているではないか」と思い、昨年の今日の写真を引っ張り出してみた。

1_2007516

おー、これは茂原長南間軌道の人車ではないか。去年の5月16日はこんなものを撮りに行っていたんだ。

2_2007516

これはこれで非常に貴重なのは間違いなないが、毎年このようなものを追い続けている自分っていったい何なんだ、と考えると今日も眠れない夜になりそうである。

2007年5月12日 (土)

ヨコタ自動車のガソリンカー

今日は土曜の休日。わがベイスターズも勝利し2位をキープ。軽やかな気持ちになった時にしか動かさないスキャナーのスイッチを久しぶりに入れてみた。

「こんなのも撮っていたんだなあ」と、松本製材のポジを取り出してみる。まだまだ色鮮やかな画像には、1.6Lのトヨタ製ガソリンエンジンを積んだ「ヨコタ自動車」のガソリンカーが、紫煙を吐き出しながら動いていた。

今から15年も前の話だ。振り返れば、おとぎ話の様なすばらしい世界だった。

2005512

2007年5月11日 (金)

鉄道連隊の遺構

1_2007511

これはいったいなんなのだろうと、予め調べて行ったわけではなかったので、最初に見たときは驚いた。近代的なモノレールの駅の横に古びたトンネルが見えたときは、「ずいぶん古そうなトンネルだなあ」と、対比が面白かったので近づいてみたところ、トンネルはトンネルだが、なにか変な構造物だった。

2_2007511

横からみたらこんな形だった。しかもよく見るとトンネルのアーチの上に「鉄道連隊」のマークが残っているではないか。

3_2007511

どうやら鉄道連隊がなにかの目的で造ったものが現代まで残っているのだった。そうするとここに鉄道連隊があったという事だ。

終戦からすでに60年以上経っている今、これを見た現代の若者がどういう気持ちを抱くか興味深い。

3つめの川崎製鉄

2007511

3両目はこれである。蘇我駅の近くだ。

ここから西へ1k程いくと、一般人は入ることのできない広大な製鉄工場がある。地図で見てみると今でも線路が網の目のようにあるので期待して行ってみたが、勿論入ることはできず、さらにその手前には今流行りの巨大なショッピングモールが壁の様に立ちはだかり、望むことさえ不可能になっていた。

木陰の川崎製鉄

3_2007511_2

GWが明けてしまった。いきなり多忙な日々へ突入である。連休中は遠出はしなかったので本来は休養できたはずだが、逆になにもしなかった事にあせってしまって心が休まらなかったのはなんなのだろう。

さて今日も千葉駅方面へ仕事である。

以前の記事でもアップしたが、ここ千葉には川崎製鉄の忘れ形見が3両残っている。どうやらみんな川崎車両の同じ型のようだ。いずれも1953年製なので使用していた期間は短いと思われる。

産業用蒸気が何箇所かに保存されているのはどうしてだかわからないが、残っているのは偶然とは思えない。どれも磨き上げられているところを見ると、川鉄の千葉への貢献が大きかったのだろうか。

2007年5月 6日 (日)

湘南軌道の話

GWはどこへいっても渋滞の嵐なので、今年も電車にのってのんびり近場の公園へ出かける事にした。

東海道線二宮駅から急な山道を20分ほど登ると、山頂にある緑の芝生とすばらしい展望が望める「吾妻山公園」にたどり着く。地元の有志で丁寧に整備された芝生に寝転んで、太陽の下そよ風に吹かれながらぼーとするのは至福の時である。ああ今年も来て良かったなあ。

帰りには湘南軌道の二ノ宮駅跡を見て帰ることを毎年の恒例にしている。

今年は、昨年までなかった記念碑が建てられていて、地元の人の、この軌道に対する思いが今でも伝えられているのに驚いた。

1_200756

前身の馬車軌道開業から101年、湘南軌道の廃止から70年、当時を知る人などほとんどいなくなってしまったであろう現在も、旧二宮駅の建物は、まったく同じ位置にひっそりと残っている。

2_200756

2007年5月 3日 (木)

尾小屋の余韻

動いている尾小屋を見れるのは、すばらしいことだと改めて思いました。

右に左にうねる軌道が心に沁みます。

200753

ばんえい岩見沢

とうとう動いているのを見る事なく廃止になりました。

200753_2

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ