分からなければ「電鉄倶楽部」を見よ!あなたの知りたい事がここにあります。

もうどうにも止まらない。すべてのジャンルをすばらしい写真で飾る!

事実とはなにかをストイックに掘り下げる。

重装備を背に 俯瞰を極めるモノトーンの職人

アーティスティックな視線で捉えた世界が展開する!

知られざる情景を撮り続ける人達の記録

« ラジオから聞こえた「鉄道連隊」 | トップページ | 荒川のナベトロを見にゆく »

2007年3月 8日 (木)

プレスアイゼンバーンの鉄道連隊

プレスアイゼンバーンといえば、鉄道模型誌「とれいん」で知られている。これの創刊の頃に、毎号連載をしていた「2尺6寸」の記事は、実物の軽便鉄道など知らない自分にとって、「こんな鉄道が実際にあったのか」と、その異様な車両たちに衝撃を受けたものであった。考えてみると、一冊買うのも、大変だと思うくらいの歳だったが、毎号せっせと買っていたものである。そのうち、模型はやらない自分にとって、「とれいん」よりも、プレスアイゼンバーンが発行する写真集に興味が移り、次第に高価なそちらを買う方向に移って行った。

そのプレスアイゼンバーンの建物の前に、西武から来たコッペルが置いてあった。それは,紛れもない鉄道連隊の生き残りのコッペルである1_200738

« ラジオから聞こえた「鉄道連隊」 | トップページ | 荒川のナベトロを見にゆく »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プレスアイゼンバーンの鉄道連隊:

» 鉄道模型 鉄道模型ニュース [鉄道模型 鉄道模型ニュース]
鉄道模型ニュース [続きを読む]

« ラジオから聞こえた「鉄道連隊」 | トップページ | 荒川のナベトロを見にゆく »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ