分からなければ「電鉄倶楽部」を見よ!あなたの知りたい事がここにあります。

もうどうにも止まらない。すべてのジャンルをすばらしい写真で飾る!

事実とはなにかをストイックに掘り下げる。

重装備を背に 俯瞰を極めるモノトーンの職人

アーティスティックな視線で捉えた世界が展開する!

知られざる情景を撮り続ける人達の記録

« 三菱石炭鉱業高島の北陸重機のその後 | トップページ | プレスアイゼンバーンの鉄道連隊 »

2007年3月 5日 (月)

ラジオから聞こえた「鉄道連隊」

先週の水曜日。その日は船橋に仕事にがあり、早めに出たはずが、大井料金所周辺で、恒例の首都高湾岸線の渋滞に巻き込まれてしまった。時計を見るとすでに約束の時間も迫り、あせりが募る。「うーん・・・」。めいる気分を紛らわす為、ラジオのスイッチを押したところ、ちょうどニッポン放送の女性アナウンサーの声が耳に入った。「今日は津田沼のなんとか公園に来ています。」「ここには昔使われていた鉄道連隊の・・・・」。

「ちょっとまった。」とNHKのひげじいの様に(余談、わかる人はわかる・・)いきなりラジオに向かって叫んでしまった。「あれは、アスベスト対策で、シートにぐるぐる巻きにされていたではないか。いつのまに!」と、もう仕事などどうでもいいけんね、と渋滞で遅れてしまった事もなんのその。さっさと終わらせて、津田沼へ向かった。

ビルに囲まれた公園の一角に、真っ白にペイントされた五つの動輪が眩かった。

Sl_2_200735   

こちらは、以前の姿。

Sl_1_200735_2

« 三菱石炭鉱業高島の北陸重機のその後 | トップページ | プレスアイゼンバーンの鉄道連隊 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラジオから聞こえた「鉄道連隊」:

« 三菱石炭鉱業高島の北陸重機のその後 | トップページ | プレスアイゼンバーンの鉄道連隊 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ