分からなければ「電鉄倶楽部」を見よ!あなたの知りたい事がここにあります。

もうどうにも止まらない。すべてのジャンルをすばらしい写真で飾る!

事実とはなにかをストイックに掘り下げる。

重装備を背に 俯瞰を極めるモノトーンの職人

アーティスティックな視線で捉えた世界が展開する!

知られざる情景を撮り続ける人達の記録

« 荒川のナベトロを見にゆく | トップページ | 地上をゆく地下鉄の亡霊? »

2007年3月18日 (日)

横浜にも古いナベトロがあった!

「今を遡ること100年以上前の明治20年、日本最初の浄水場が横浜の野毛山に作られ、同時に横浜は近代水道の発祥の地になった」と本には書いてあったが、それを調べに赴いた訳ではない。

相模鉄道の上星川駅から、急な坂道を15分ほど喘いで登ると、噴水のある、綺麗な公園が見えてくる。だが中を歩くと、なにやら鉄の塊で出来た巨大なオブジェが、あちらこちらに転がっていて異様だ。「ただのオブジェじゃないなあ」と予想した通り、これらは古い水道管であった。ここは横浜の水道の歴史を紹介した「横浜水道記念館」なのである。

ここの展示室には、水道関係の展示物に混じって、なんとナベトロが展示してあるのだ。荒川のドコービルも古いが、このナベトロも、隣接している西谷浄水場で大正時代に使われた、相当古いものらしい。なぜ残っているのか、あまり深く考えるのはよそう。これを見れる「横浜水道記念館」に感謝した。

しかしこれ「どこのメーカーなのかなあ」と、見回す「ふり」だけはしたが(だれも周りにはいないが一応見栄で)、どこを見ればいいのかさえ分からない。その道のエキスパートの方が見れば、きっとわかってしまうんでしょうねえ。

2007318

« 荒川のナベトロを見にゆく | トップページ | 地上をゆく地下鉄の亡霊? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200049/14298599

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜にも古いナベトロがあった!:

« 荒川のナベトロを見にゆく | トップページ | 地上をゆく地下鉄の亡霊? »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ