分からなければ「電鉄倶楽部」を見よ!あなたの知りたい事がここにあります。

もうどうにも止まらない。すべてのジャンルをすばらしい写真で飾る!

事実とはなにかをストイックに掘り下げる。

重装備を背に 俯瞰を極めるモノトーンの職人

アーティスティックな視線で捉えた世界が展開する!

知られざる情景を撮り続ける人達の記録

« KATOよ、なぜここ菰野に 2. | トップページ | のどかな森林軌道の昼下がり »

2007年1月30日 (火)

朽ち果てていくホイットコム

訪れたときは既に会社がなくなっていた。「ゆくゆくは、機関車を本社前に運んで保存したい」という話に期待して訪問したのだが、事務所を訪れると、がらんとした建物があるだけで、人の気配はしない。もしやあの高田機工のラジエターを付けたホイットコムも、消えてなくなっているのではと不安がよぎり、重い足取りで歩き始めた。場所がはっきりせず、たどり着くまでずいぶん長い時間を歩いたが、草むらの影から、朽ち果てていくホイットコムの姿をようやく見つけることが出来た。いったいどれほどの長い年月、ここに置かれていたのだろうか。自分の知らない遠い昔の妙寺の情景は、 どのようなものだったのだろうか。2007130_2

« KATOよ、なぜここ菰野に 2. | トップページ | のどかな森林軌道の昼下がり »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朽ち果てていくホイットコム:

» 紀ノ川のホイットコム [まーくんの部屋]
2005/12/2x1軸サンドカーを作るためにTMSの切抜きを取り出したときに発見したのがトワイライトゾーンの切り抜き。そこに載っていたのが今回製作の紀ノ川のホイットコムである。 トワイライトゾーンの記事には実寸の図が付いていたので参考にしている。 HOn2での制作意欲を掻き立てるのは記事によると762mmでは動輪が収まらない台枠幅とあるところ。写真を見るとほとんどすべてを自作する必要がありそうだったがしばらく眺めて... [続きを読む]

« KATOよ、なぜここ菰野に 2. | トップページ | のどかな森林軌道の昼下がり »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ