分からなければ「電鉄倶楽部」を見よ!あなたの知りたい事がここにあります。

もうどうにも止まらない。すべてのジャンルをすばらしい写真で飾る!

事実とはなにかをストイックに掘り下げる。

重装備を背に 俯瞰を極めるモノトーンの職人

アーティスティックな視線で捉えた世界が展開する!

知られざる情景を撮り続ける人達の記録

2010年12月26日 (日)

『中国けむり紀行』⑥

鉄路の終点には炭鉱があった。

一人の鉱夫が近づいて来る。

20101226よく見ると左顔が変形している。

カメラを出すか躊躇したが、

そっと取り出し構えた途端怒号が飛んだ。

それは彼ではなく、

自分の背後にいた現場責任者の声だった。

その脇を何事もなかったかのように

彼が「ふっ」と通り過ぎる。

炭鉱で働く男というものを見た気がした。

20101226_3炭鉱にはあらゆる軌道があった。

左の軌道の幅はなんという狭さなのだろう。

これが入っていく坑道は、

おそらく相当な危険が伴うだろう。

Photo またここに戻って来たいと思いました。

«『中国けむり紀行』⑤

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ